前へ
次へ

リノベーションで不動産価値を高める

リフォームと同じような用語としてリノベーションという言葉を耳にすることが増えてきていますが、リフォームと比べると大規模な改修を実施することが多いです。リノベーションは、ニーズが少なくなって空室が目立っているオフィスビルなどを大々的に改造して賃貸住宅などに生まれ変わらせる工事などを実施することもあるので、不動産の価値を上げるためには非常に良いものと言えるでしょう。建物の躯体はそのまま活かして、内装等を改修することになるので、新築で建物を建てるよりも費用は安く済むことが多いです。最近はリノベーションを行っている物件も増えており、投資対象として不動産を購入して内装を改造している人も増えてきています。安くてよい物件に手を加えることで、価値を高めることが出来るので、ストック活用としても注目を集めています。既に建物がたくさん立ち並んでいるエリアにある物件などを狙ってリノベーションを実施すると価値を高めることができることがあります。

Page Top