前へ
次へ

リノベーションとリフォームの違い

最近、リノベーションという言葉をよく聞くようになりましたが、それはどういう意味か良くわかりません。一般的にはリフォームより大規模な工事と考えられていますが、両者の違いが何かを考えてみましょう。実は、法令などにより、リノベーションとリフォームが定められてはいません。建築関係のメディアや工務店などがイメージとして使い分けているのが現状です。両者はどちらで表現しても法的には間違いはないのですが、その施工業者のイメージを目的で使い分けられるのが現状です。民間のリノベーション関連企業がガイドラインとしているものは、リフォームは元に戻すという意味に使われ、経過年数により建物が劣化した場合に、それらを新築の状態に近づけるための改修です。具体的にははがれた壁紙を貼ることやキッチンを新しいシステムに取り換えるなどが挙げられます。つまり、部分的に原状回復することとガイドラインに定められています。これに対しリノベーションはつくり変えると言う意味に使われます。内装、間取り、水道配管設備などを新しく取り付け、住民の暮らしに合うようにする、と言う意味に使われます。間取りの変更などが最も分かり易い例です。

Page Top